ボディビルダーの1週間のトレーニングメニューを見てみる。

トレーニングを行う目的は、ボディビルダーとして理想の体を作るために必要な要素について一つの例としてご覧になっていればと思います。

ボディビルダー1週間のトレーニングメニューについて、種目の組み方や、その理由!

まずは、この動画をご覧ください。

ボディビルダー1週間のトレーニングメニューまとめ

胸のトレーニングメニュー

・ベンチプレス←コンパウンド系(多関節種目)
・インクラインダンベルプレス←コンパウンド系(多関節種目)
・ダンベルフライ←アイソレーション系(単関節種目)

背中のトレーニングメニュー

・デッドリフト
・ワンハンドローイング
・ラットプルダウン
・ロープーリー

肩のトレーニングメニュー

・ショルダープレス
・アップライトローイング
・サイドレイズ
・シュラッグ

上腕二頭筋のトレーニングメニュー

・バーベルカール
・プリチャーカール
・インクラインダンベルカール

上腕三頭筋のトレーニングメニュー

・ナローベンチプレス
・プッシュダウン
・フレンチプレス

脚のトレーニングメニュー

・スクワット
・レッグプレス
・レッグエクステンション
・レッグカール
・カーフレイズ

1週間で6つの部位をトレーニング

1日休みを入れて、6つの部位を1週間でトレーニングするのが効果的なボディービルダーのトレーニング方法として紹介されています。
あくまで1例なので現状の筋肉の度合いやトレーニング頻度、年齢など人それぞれ違うので、合う人、合わない人がいると思いますが参考になります。
各部位、1週間休ませるというトレーニングメニューですが「トレーニングが足りないのでは?」と不安になりますが、これも人それぞれだと思います。
1日、3~5種目のトレーニングでは30~50分程度で終わってしまいますが、これも人それぞれ。じっくりするのもテキパキするのもよし。
自分に合ったトレーニングを早く見つけるのが筋肉を沢山付ける一番の秘訣です。