究極の糖質制限ダイエット(沢山食べても大丈夫)の仕組み

糖質制限ダイエット(減量)はとても辛い事です。「食べない」という事がどれだけ辛い事なのかは皆さん、一度や二度は経験された事があるでしょう。ですが、食べる(食べ過ぎる)と太るって事は皆さん理解しているはずですが我慢が出来ません。そこで、食べても太らない(太りにくい)究極の糖質制限ダイエットをご紹介致します。

ダイエットの嘘と本当

有酸素運動をすれば痩せる
有酸素運動をすれば痩せると言われていますが、実は7000カロリーを消費すれば約1Kgの脂肪が減ると言われています。7000カロリーを消費するには体重65Kgの人が時速8Kmのスピード(軽いジョギング)で12.5時間かけて100Km走ったカロリーです。確かに運動をすれば痩せますが、100Km走って1Kgの脂肪が減るのでは効率が悪過ぎます。これなら食べ物を控えた方が効率的です。
筋トレをすれば痩せる
筋肉が増えると基礎代謝が増えて、カロリーを沢山消費してくれる体になるので痩せやすい。なんて話を聞いたこともあると思いますが、筋肉を1kg増やしても一日に13kcalしか基礎代謝が増えません。筋肉を1kg増やすというのは、とんでもない努力と日数が必要です。信頼できる報告によれば、除脂肪体重が1kg増えると、一日に28.5kcal多く消費されるようになる(国立スポーツ科学センターの発表)。また東大の石井先生や国立健康・栄養研究所の発表によれば、トレーニングによって除脂肪体重が1kg増えると、基礎代謝は一日に50kcalほど増えるともいうが、50kcalなんてしれている。プロテイン1杯分で約120カロリーだ。これも効率が悪いが効率の悪いことの積み重ねでスタイルも良くなるだろう。
糖質制限するダイエット
糖質とは、炭水化物の中の、消化吸収できないものを「食物繊維」消化吸収できるものを「糖質」と呼びます。要するに「糖質制限」=「炭水化物を制限する」という事になります。炭水化物と言えば米類、麺類、揚げ物、パンなど、皆な大好きなものばかりです。人間の生命維持や身体活動などに欠かせないエネルギー源の3大栄養素は「たんぱく質・炭水化物・脂質」ですので、炭水化物を全く摂取しないのは命取りになりかねません。しかし、適度に糖質を制限する事によってダイエットには効果的です。ですが、糖質制限は、我慢が出来ない。続かない。というのが現実です。

最も重要なダイエットの方法は

上記の有酸素運動筋トレ糖質制限と3つの方法を紹介しましたが、どれも重要な方法であり、全てを行う事によってダイエットは成功すると言えます。しかし現実は全て難しい事ばかりで簡単に出来そうなものはありません。3つの中でも一番効果が大きいのが糖質制限です。ダイエットには糖質制限8割と言っても良い程の重要な要素になります。但し、スタイルを良くしたり、体を引き締めるには有酸素運動や筋トレも絶対に必要です。私の経験で短期間で大きく痩せたけれど皮下脂肪があまってダラダラの身体になった経験もあるので。

糖質制限で痩せる仕組み

ご飯やパンなどに多く含まれている炭水化物を沢山食べると太るという事は誰もが知っていると思いますが、知っていても食べてしまいますよね!我慢が出来ないですよね!美味しいものはやめられません。でも糖質制限が辛い、難しい、続かないという事も知ってますよね。そんな方に朗報です!

太る原因は血糖値の急上昇!

では、太る原因を解説していきます。

糖質制限ダイエット

糖質は小腸でブドウ糖になり、ブドウ糖は血液に入ります。
これが血糖です。

 
糖質制限ダイエット

血糖値は血液中のブドウ糖の濃度のことです。
平常時は100くらいが普通ですが
食事をすると上がり、時間が経過すると下ります。

 

血糖値が上がると
すい臓からインスリンが分泌されます。
このインスリンが血糖を脂肪細胞
エネルギー、グリコーゲンに変える働きをします。

 
糖質制限ダイエット

炭水化物(糖質)を大量に食べると
血糖値が160くらいまで急上昇し
インスリンが大量に分泌されます。

 
糖質制限ダイエット

そのインスリンが余った血糖を
どんどん脂肪にします。

血糖値が急上昇するということは
血糖が余っているということなのです。

 

要するに、大量の炭水化物を食べると、血糖値が急上昇し、インスリンが余った血糖をどんどん脂肪にするという事です。

究極の糖質制限ダイエット

大量の炭水化物を食べると、血糖値が急上昇し、インスリンが余った血糖をどんどん脂肪にするという事なら、血糖値が急上昇しないようにすれば、インスリンが余った血糖を脂肪に変化させません。
という事は脂肪が増えない。>太らない。という事になります。

私が購入した血糖値の急上昇を制御するアポメトホルミン
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
血糖値が急上昇しなければ食べても太らない


本来は糖尿病の薬なのですが、糖質制限のダイエット目的で使っている人も多く、痩せたという口コミも多いものです。これで、炭水化物を我慢せずに究極の糖質制限ダイエットが出来るということです。

私の服用方法
1粒500mgなので、真ん中の所に線が入っているので半分に折って250mgを食後に飲んでいます。100錠入りなので200回分使えます。2,621円ですので1回(半錠)当り、約13円と非常に経済的です。毎日3回飲んでも2ヶ月以上持ちますし、大量に炭水化物を食べた後だけ飲めば良いのです。逆に大量の炭水化物を食べてないのに飲むと副作用が出るので飲まない方が良いです。副作用対策に効果的なのは粉飴(マルトデキストリン)です。一番早く身体に吸収されて血糖値を上昇させ、副作用を取り除いてくれます。

糖質制限ダイエットとしての口コミも多い

ダイエット目的として使っている人の口コミも多いので参考になります。


[メルビンジェネリック]アポメトホルミン(ApoMetformin)500mg
糖尿病ではないのですが、ダイエット目的で購入しました。
私は食後に服用しています。私の体には効果は目に見えて現れています。一気に痩せるという事はありませんが、普通に食事をしていても、菓子パンを3つくらい一気に食べても体重が毎日200~300g減っていきます。私の場合は毎日ウォーキング30分と軽めの筋トレをしているせいもあるかもしれませんが、調子よく痩せていっています。オススメしたいのですが、つい先日まで食前に250mgのんでいて、副作用の低血糖の症状が現れました。症状はかなり酷くて動悸、冷や汗、めまい、強烈な吐き気、手足の震え、冷え等が出ました。なので、コレを健常者でダイエット目的で飲む方は食後に飲まれた方が安全ではないかなと思います。炭水化物を食べない食事の時などは飲むのは控えた方が安全かと思います。後、一気に500mg飲むと副作用が出る方もいるかもしれません。はじめは250mg、もしくはそれより減らして飲み始めることをオススメします。副作用が出た場合はすぐにブドウ糖を補給することをオススメします。わたしはタブレットのブドウ糖とコカ・コーラを持ち歩いています。低血糖時に普通の砂糖や飴玉だと症状が和らぐまでかなりの時間がかかります。それだけ注意していたらとてもイイ薬だと思います
毎回ホンモノの薬を安く売ってくださるオオサカ堂さんは信頼しており、感謝しています。

[メルビンジェネリック]アポメトホルミン(ApoMetformin)500mg
(1)ダイエット目的
(2)PCOSの症状を緩和
の2つで購入しました。
今日で5日経過したので、記録をレビュー代わりに
投稿させていただきます。
【基礎データ】
身長 166cm
性別 女性
年齢 30代
【効果(5日間)】
75.1kgが73.5kgに
38.0%が36.8%に
【食事や運動】
以前は低糖質ダイエットをやっていたのですが、
この薬を飲み始めてからは炭水化物多め。
運動はほぼやってません。
【実際に起こった副作用】
★やや重めの下痢
(薬を飲んで8-12時間後くらいにきました。
最初の3日間はずっと下痢でした。)
★胃のむかつき(消化不良みたいな感じ)
★食欲がややなくなる
【その他、起こった変化】
★酒好きだったのですが、お酒がおいしくなくなりました。
★お酒の代わりに甘いものがやたらとほしくなりました。
結論としては、かなり効いていると感じてます。
リピもする予定です。