横川理論VS山本理論

横川理論VS山本理論とは

最近YouTubeで少し話題になっている、山澤利明さんとサイヤマングレートさんの論争。

横川理論とは

めちゃめちゃに追い込む筋トレをする理論です。「最短日数で最強になるには」
補助をつけて追い込む方法(フォースドレップ)
セットごとに重要を30%ほど落として、何度も追い込む方法(ドロップセット)
自分の限界を超えたところで、筋肉がついてくる。という考え方。
しっかり結果を出した方の考え方です。
横川理論のトレーニング方法は沢山セットを行い、限界まで追い込み、長時間行う。という理論。

山本理論とは

101理論「いかに効率よくやるか」
体の力を100としたときに、101の刺激だけでいいのではないか。という理論。
あまりにも激しい筋トレをした際に出る、激しい筋肉痛は失敗している恐れがある。
と、これまでの全てを覆すような考え方です。
確かにきつい筋トレをしてしまうと、筋肉痛により2〜3日あけなければいけません。
それを防ぐという効果もあって、筋トレが常にできる状況にある方は、毎日筋トレすることも可能になるので、より筋肉の肥大が見込めます。
また時間短縮も見られますし、栄養学も大事にするのが山本理論です。
山本理論のトレーニング方法は最適な短い時間で少ないセット数で切り上げる。という理論。

結局、長時間追い込むトレーニング(横川理論)と、
短時間で効率の良いトレーニング(山本理論)どっちが良いの?
と言う議論がされています。

横川理論VS山本理論の発端

ユーチューブでサイヤマングレートさんと横川尚隆さんがコラボして究極まで追い込んでいる動画。
山澤利明さんが山本理論を語る動画。

「横川理論」と「山本理論」の、理論論争最終決着!

横川尚隆さんが一撃で終わらせます。

「横川理論」と「山本理論」は、正しいのはどっち?

私が筋トレの理論を語った所で何の説得力も無いですが、普段は「山本理論」で、時には「横川理論」も必要だと考えます。
一年中「山本理論」では、怪我のリスクは少ないですが、成長は遅いでしょうし、一年中「横川理論」では怪我のリスクが大きく、体が潰れちゃいます。
その時にはの加減が人によって違うというだけです。
2ヶ月に一度なのか、月に一度なのか、週に一度なのか、年齢や体力、持って生まれた才能などによるのではないでしょうか。

横川理論山本理論
メリット筋量増加が早い安定、継続して筋肉量増加が見込める
デメリット常人には一時的にしか出来ない。怪我のリスクがある。横川理論と比べると筋量増加が遅い。
効果効果は早いが継続は難しい。安定して続ける事が出来る。
向き不向き生まれ持った身体能力の高い方は出来る可能性があるが、常人には限界がある。安定して続ける事が出来る。
モチベーション生まれ持ったモチベーションの高い方は出来る可能性があるが、常人には限界がある。安定して続ける事が出来る。

「横川理論」と「山本理論」の結論

普段は「山本理論」で、オーバーワークになり過ぎないように「横川理論」を取り入れるのが最適でしょう。

オーバーワークになり過ぎは、身体能力や年齢によるので、個々で判断するしかないですね。

【質問】質問(コメント)があれば自由に書き込みください。

タイトルとURLをコピーしました