アナボリックステロイドのドーピング尿検査による検出期間

ボディビル等の大会に出る際にドーピング尿検査による検出期間はどれくらいなのかという質問がコチラにあり、調べてみました。

アナボリックステロイド検出期間

アナボリックステロイドを利用するほとんどの人は、アナボリックステロイドの検出時間は気にしません。理由は大会などに出る予定や意識も無く、個人的に筋肉を大きくする自己満足の為にアナボリックステロイドを使用しているからです。
日本ではアナボリックステロイドを使用している人の、ほとんどの人はドーピング検査をされていません。
アメリカでは600万人以上の成人がパフォーマンス向上のみを目的としてアナボリックアンドロゲンステロイドを使用していると推定されており、これらの個人の85〜90%は、個人的に筋肉を大きくする自己満足の為にアナボリックステロイドを使用しているからです。
アナボリックステロイドの利用者は競技者やアスリートではなく、単に日常の趣味であり、より良く健康的な体を構築しようとしてジムなどに通っている人々です。
もちろん、残りの10〜15%は競技者やアスリートであり、アナボリックステロイドのドーピング尿検査を行う可能性があり、検出時間が重要になってくる可能性があります。
競技者やアスリートがドーピング尿検査で引っかかった場合には、そのスポーツ業界からの出場停止や、スポーツ人生の終わりにつながる可能性があります。
これを念頭に置いて、アナボリックステロイドの検出時間を調べたいと思いますが、実際の時間の話しの前に、知っておく必要のあるすべての情報を調べたいと思います。

適切なアナボリックステロイドの選択

あなたがドーピング尿検査を受けるボディービルダーや競技者、アスリートで、アナボリックステロイドで筋肥大やパフォーマンス向上を補うつもりであるならば、アナボリックステロイド検出時間を完全に理解しなければなりません。
ドーピング尿検査を受けるボディービルダーや競技者、アスリートの場合、使用できるステロイドに関しては多少制限されます。
たとえば、ドーピング尿検査を受けるボディービルダーや競技者、アスリートの場合、ナンドロロンベースのステロイドは、検出時間が1年を超えるため使用できません。
多くのテストステロン化合物も避ける必要があります。特に大きなエステルまたはテストステロン混合物ですが、小さなまたはエステルを含まないバージョンがオプションであることがよくあります。
もちろん、ドーピング尿検査を受ける事は無い方は、どんなアナボリックステロイドを使うかは日本では自由です。
いずれにせよ、ボディービルの大会やスポーツの大会などでドーピング尿検査を受ける時にアナボリックステロイドの検出時間を理解していれば、問題が発生する事は実際にはありません。

実際のステロイド検出期間

下の表では、日本で購入できるかもしれないすべての同化アンドロゲンステロイドのステロイド検出時間です。表には、3つのカテゴリがあります。一般的な商品名、そのような商品名の基礎となる物質または実際のステロイド、そして最後に、特定のホルモンの実際のステロイド検出時間。さらに、いくつかの検出時間には範囲があります。これに基づいて、あなたがドーピング尿検査を受けるボディービルダーや競技者、アスリートある場合、可能な限り長い検出時間を想定することによりドーピング尿検査をパスすることが出来るでしょう。

商標名物質検出期間
DECA-DURABOLIN
NORANDREN
DECA-DURABOL
DECA-DURABOL
TURINABOL DEPOT
ANABOLICUM
DYNABOLAN
ナンドロロンデカノエート
ナンドロロンウンデカノエート
17〜18か月
DURABOLIN
TURINABOL
FENOBOLIN
ANABOLIN
NANDROLONE PHENYLPROPIONATE11〜12か月
ダイアナボル(注射)
D-ボル(注射)
メタンジエノン(注射可能)5か月
ULTRAGAN 100
MAXIGAN
GANABOL
EQUIPOISE
EQUIGAN
ボルデノンウンデシレネート4〜5か月
FINAJECT
FINJET
FINAPLIX
トランボロンアセテート4〜5か月
テストステロンシピオネートテストステロンシピオネート3ヶ月
PRIMOTESTON DEPOT
TESTOSTERONE 200 DEPOT
TESTOSTERONE HYPTYLATE
TESTOSTERONA 200
TESTOSTERONE DEPOT
テストステロンエナントエート3ヶ月
STEN
SUSTANON 250
SOSTENON 250
DURATESTON 250
テストステロンミックス3ヶ月
ANADROL 50
ANAPOLON
オキシポロン
OXYMETHOLONE
HEMOGENIN
オキシメトロン2ヶ月
STENOX
HALOTESTIN
FLUOXYMESTERONE2ヶ月
WINSTROL DEPOT
WINSTROL
STROMBAJECT
STROMBA
WINSTROLV
STANOLV
スタノゾロール(注射)2ヶ月
NILEVARノルタンドロロン5〜6週間
プロビロンメステロロン5〜6週間
パラボランTREMBOLONE HEXAHYDROBENZYLCARBONATE4〜5週間
メダナボル(経口)
ダイアナボル(経口)
メタンジエノン(経口)5〜6週間
PRIMOBOLANDEPOT(注射可能)メテノロンエナンテート4〜5週間
ANAVAR
LIPIDEX
OXANDROLONE SPA
オキサンドロロン3週間
WINSTROL(TABS)
STANOLV
STROMBA
スタノゾロール(経口)3週間
テソステロナ25/50テストビロンテストステロンプロピオン酸塩2週間
アンドリオールテストステロンのデコノエート1週間
SPIROPENT
NOVEGAM
OXYFLUX
クレンブテロール4〜5日
テストステロン100
テストステロン
水性テストステロン
懸濁液。
テストステロン懸濁液1〜3日

上記情報はhttps://www.steroid.com/steroid_detection_times.phpを翻訳、加筆修正したものです。

日本のドーピング尿検査では

実際のアナボリックステロイドのドーピング尿検査による検出期間は、試用期間、使用量や体質によって変わると思いますので、日本のドーピング尿検査では上記に必ず当てはまるとは限りません。
私は、ドーピング尿検査を受けるボディービルダーや競技者、アスリートの場合は正々堂々と勝負し、アナボリックステロイドの使用はしない方が賢明と思います。
個人の趣味や自己満足でアナボリックステロイドのメリット・デメリット、リスクをしっかりと理解した人だけ使用しても良いと思います。

ちなみにですが、フランスや他の国ではアナボリックステロイドの所持、使用は刑事罰になり逮捕されるという国もあります。
日本ではアナボリックステロイドの販売は違法ですが、個人輸入は自由に出来るので、法律が変わらない限り、アナボリックステロイドの使用は自由です。

【質問】質問(コメント)があれば自由に書き込みください。

タイトルとURLをコピーしました