BCAAとEAAの違いを成分、効果で徹底比較してみた。

BCAAとは?EAAとは?比較

BCAAとはEAAとは
BCAAとは筋トレの時の筋肉を動かすエネルギー源となる必須アミノ酸である、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称です。この3つのアミノ酸は、枝わかれするような分子構造をしているため、Branched Chain Amino Acids(分岐鎖アミノ酸)の頭文字を取って、BCAAとなります。EAAとは必須アミノ酸=「Essential Amino Acid」の頭文字を取ったサプリメント。
たんぱく質を構成するアミノ酸は全部で20種類あるが、体内で合成できないため食事から摂取する必要のある9種類の必須アミノ酸(EAA:essential amino acids)と、体内で合成できる11種類の非必須アミノ酸(NEAA:non-essential amino acids)の2つに分類することが出来る。この体内では合成することができない食品から摂取する必要のある必須アミノ酸9種類を配合したものがEAAサプリメントです。

BCAAとEAAの成分の違い

BCAAの成分(3種のアミノ酸)EAAの成分(9種のアミノ酸)
バリン
ロイシン
イソロイシン
バリン
ロイシン
イソロイシン
フェニルアラニン
トリプトファン
ヒスチジン
リジン
トレオニン
メチオニン

BCAAとEAAの効果の違い

BCAA(3種のアミノ酸)EAA(9種のアミノ酸)
バリンバリンの効果は筋肉組織でエネルギー代謝され、たんぱく質の合成。成長ホルモン促進。血液中の窒素濃度の調整、アンモニア代謝改善作用による肝機能向上。
ロイシンロイシンの効果は筋肉合成の“スイッチ”を入れる物質。 筋肉の合成は細胞内のシグナル伝達に関与する「mTOR」によって促進を活性化する。 血中のロイシン濃度が上昇することで筋肉の合成が始まる。
イソロイシンイソロイシンは血糖値の上昇のなく骨格筋への血中グルコースの取り込み促進、肝臓での糖新生抑制、グルコースの酸化的利用の促進。 成長を促進し神経機能をサポートするほか、肝臓の機能強化、血管拡張作用、筋肉強化、疲労回復などの効果がある。
フェニルアラニン
フェニルアラニンは脳と神経細胞の間で信号を伝達する役割を持つ化学物質の神経伝達物質になる必須アミノ酸です。体内でノルアドレナリンとドーパミンに転換され、神経伝達物質として働きます。気分の落ち込みや無気力を緩和し精神を高揚させる。また、記憶力を向上させる作用があるとされています。
トリプトファン
トリプトファンを摂取すると、脳内のセロトニンの量が増えていくため精神を落ち着かせ不眠やうつ病などの解消。 セロトニンは脳内でメラトニンという成分に変換されます。記憶学習、鎮痛作用、睡眠導入効果があります。
ヒスチジン
ヒスチジンは、体内ではヒスタミンに変換されることによって、神経機能にはたらく。 脂肪細胞では交感神経を刺激して脂肪分解を促進する効果が報告されています。 ヒスチジンは抗酸化作用も知られており、ある種の酸化ストレス(虚血再灌流)を抑制する効果があるとされています。
リジン
リジンは集中力を高めるだけでなく、体の成長に大きく関わったり、肝機能を強化したりすることが期待されています。 他にも、細菌やウイルスによる体内への侵入を防ぐ抗体などの材料となるため、免疫力のサポートや、育毛促進やエネルギー代謝をスムーズにする働きにも効果が期待されており、研究が進んでいます。
トレオニン
トレオニンは、必須アミノ酸の中で最後に発見されたアミノ酸で、動物性タンパク質に多く含まれます。 肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぎ、脂肪肝を予防します。
メチオニン
メチオニンは硫黄を含んだ含硫アミノ酸であり、体内でグルタチオンやタウリンに変換されます。 コレステロールを減らすはたらきや肝機能改善作用、免疫増強作用などが報告され、また、食品の栄養強化などにも使われています。

BCAAとEAAの価格の比較

一般的にBCAAの方が安く、EAAの方が価格が高い。
BCAAとEAAの効果や選び方、飲むタイミング、飲む量、最安値などを比較しています。
詳しくは下のリンクで見てください。

BCAAとEAAの使い分け方

結論としては筋トレ前と筋トレ直後にEAAを摂取して、筋トレ中はBCAAを中心に摂取するのがより効果的な摂取方法です。
値段に比例してBCAAよりもEAAの方がメリットが多いのですが、成分の有含量をしっかりと確認しましょう。何も見ずに1スークプを飲んでいるだけでは損をしているかもしれません。
そして、筋トレ後のEAA摂取の後には、やはりプロテインの摂取も必要です。

【質問】質問(コメント)があれば自由に書き込みください。

タイトルとURLをコピーしました