急激なダイエットで「お腹のたるみ」を取るにはどうすれば良いの?

お腹のたるみ

筋トレをして、有酸素運動をし、食事制限も頑張ってダイエットで痩せたけど、お腹のたるみが取れない!そんな悩みの方も多いのではないかと思います。
という私も、たった2ヶ月で92Kg→68Kgまで24Kgのダイエットの経験者です。
詳しくはコチラで。
そんな私の実体験を元に「お腹のたるみ」に関する事を書いていきます。
お腹のたるみで悩んでいる皆さんに当てはまるかは分かりませんが参考にしてください。

お腹のたるみの原因

  • 「内臓脂肪」と「皮下脂肪」がある事を理解する
  • 急激なダイエットで内臓脂肪は減るが、皮下脂肪は追いつかない。
  • 皮下脂肪(つまめる皮のような肉)が「お腹のたるみ」


ぽっこりお腹の原因は言うまでもなく自覚があるでしょう。笑

  • 食べ過ぎが原因です。

そんなに食べてないよ~!という方も、お腹がぽっこりしているという事は日々の食事があなたの体、体質に対してカロリーオーバーということです。

なぜ、お腹がたるむのか?

お腹には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」が溜まっています。筋トレをして、有酸素運動をし、食事制限も頑張ってダイエットで痩せられるのは、ほとんど「内臓脂肪」です。

  • 急激なダイエットは(私の個人的感覚)
    「内臓脂肪」=8「皮下脂肪」=2 くらいの感覚で減る。


内臓脂肪がほとんど無くなって体重が減り、ダイエットに成功した!と喜んでいても、お腹の肉のたるみが取れていない。って事は多いのです。
それは「皮下脂肪」が残っているからです。

  • それは「内臓脂肪」が減っただけです!

本当にお腹のたるみの取る方法


ダイエットに成功した!と喜んでいても、お腹の肉のたるみが取れていない。
それじゃ、ダイエット成功とは言えない。

  • 本当にお腹のたるみの取るには「皮下脂肪」を減らさないといけない。


「皮下脂肪」があるから、お腹のたるみがあるのです。
あなたのお腹を、つまんでみて肉がつまめる部分が「皮下脂肪」です。

「皮下脂肪」を減らすには

  • 「皮下脂肪」を減らすには時間がかかります。


時間というよりも期間。日数が掛かります。
お腹のたるみ(皮下脂肪)を減らすには体重を増やさない事です。
一般的にダイエットは1ヶ月に体重の2~3%しか減らしてはいけません。
それを守ってダイエットを行えば、お腹のたるみは、ほとんどおこりません。
1ヶ月に体重の2~3%以上の急激なダイエットをした場合に「内臓脂肪」の減りに対して「皮下脂肪」の減りが追いつかずに「皮下脂肪」が残ってしまい「お腹のたるみ」が起こるのです。
例えば体重100Kgの人なら1ヶ月に2~3kgしか減らしてはいけない。という具合です。
しかし、長年の蓄積してきた脂肪を早く取りたい。早くダイエットの結果を出したいと思うのが人間の心理です。
あせってダイエットして、お腹のたるみに悩む。というのがパターンです。
例えば、体重100Kgの人が70kgまで急激にダイエットしたとします。すると計算上では毎月3%ずつ減らすと約14ヶ月掛かる計算になります。すると14ヶ月間は70kgを維持すると「皮下脂肪」の減りも追いつき、お腹のたるみも無くなるという事です。

  • 1ヶ月に体重の2~3%減らすだけの期間は体重を維持すると「皮下脂肪」の減りも追いつき、お腹のたるみも無くなる