減量中に食べ過ぎた直後にする3つの対処法

食べ過ぎた直後にする対処法

ダイエット中であっても、ついつい食べ過ぎる事がありますよね~
食べ過ぎ
・自分を抑え切れなくて、ついつい食べ過ぎるパターン
・周りの人の雰囲気に流されて、ついつい食べ過ぎるパターン
・どうしても断り切れなくて、ついつい食べ過ぎるパターン
・残さず食べないといけないシチュエーション

どんな理由であっても、減量中に食べ過ぎは良くありません。自己嫌悪に陥ってしまいますよね。そんな食べ過ぎた直後にする対処法を紹介致します。

食べ過ぎても次の日には太らないので安心してください。

食べ過ぎても次の日には太りません。安心してください。
当然、食べた食べ物の重量分は体重が増えますが、太った訳ではありません。
「太る」とは「脂肪が増える」ことです。1日でいきなりそんなに脂肪が増える事はありません。

なぜ脂肪が増えるのか?

では、食べ過ぎると、なぜ脂肪が増えるのかと言うと「毎日の蓄積」です。
当然ですが毎日、食べ過ぎるとドンドン太ります。
逆に、毎日、食事が足りないとドンドン痩せます。
毎日の食事量(総カロリー)で、体重の増減が決まる訳ですです。
なので、1回だけ食べ過ぎても取り戻す事は簡単です。

食べ過ぎても、太る、太らないは総カロリーで決まる

太る、太らないはカロリーをどれだけ摂取するかで決まります。
自分が、どれだけのカロリーを摂取するかの目安はコチラで確認してください。
「食べ過ぎた~」と思っても、自分の1日の総カロリーを超えていなければ全然問題ありません。

逆に恐いのが(これは多くの人が知らず知らずにやっている事)食べ過ぎた感覚が無く、1日の総カロリーを超えているパターンです。


サラダチキン300グラム食べると「食べ過ぎた~」と思いますよね。
牛バラ焼肉を300グラム食べると「食べ過ぎた~」と思いますよね。
同じ300グラムで満腹感は同じでも、カロリーが全然違う訳ですよ。

食べ過ぎた直後にする対処法1「すぐに寝ない!」

すぐに寝ない!

胃腸は、食後すぐに消化活動を始めます。
ですが、胃の中では2~3時間、小腸の中では5~8時間と食べた物の消化には時間がかかるため(内容・量によって異なる)、食後すぐに眠ってしまうと消化活動がはかどりません。
寝ることによってエネルギー消費量が少なくなるため、脂肪として蓄積されやすくなります。

食べ過ぎた直後にする対処法2「断食はしない。」

断食はしない。

食べ過ぎた直後に断食を行うと、身体は「飢餓状態になるかも!栄養をもっともっと吸収しなきゃ!保存しておかなきゃ!」と思って、余計に太ります。
食べ過ぎた次の食事や、次の日の食事も量を減らして食べてください。
但し、米抜きや、パンだけ、等の栄養の偏った食事はいけません。
PFC(タンパク質、脂質、炭水化物)をバランスよく、総カロリーを考えて食べてください。

食べ過ぎた直後にする対処法3「2日の総摂取カロリー合計で調整する。」

1回だけ食べ過ぎても、太らないようにするには2日の総摂取カロリーで調整する。

食べ過ぎた直後から出来るだけカロリーを抑えた食事をしてチャラにしてしまう方法です。
例えば1日で2,000カロリーを摂取して体重維持の方が食べ過ぎて3,000カロリーを摂取してしまった場合は、次の日は1,000カロリー程度に抑えて2日で4,000カロリーにします。

食べ過ぎ・まとめ

人間には欲があります。食欲はその中でも一番簡単に手軽に満たせる欲です。
中には、食欲の強い人、食欲が少ない人もいますが、これを見ているという事は食欲の強い人ですね。
私も食欲は強い方なので、食欲を我慢するのには大変苦労しています。
たまには食べ過ぎ事もありますが、継続して食べ過ぎない。食べ過ぎた直後はカロリーを減らしてチャラにするように心掛けていますので、なんとか体重を保っています。
皆さんも食べ過ぎには注意しましょう!

【質問】(コメント)があれば自由に書き込みください。

タイトルとURLをコピーしました